【気づき942】〔死ぬまで緊張感なく生きられるか〕
2014 / 09 / 15 ( Mon )






◆日本は本当に平和です。



戦乱もなければ、略奪なども起こりません。



安心して暮らせる素敵な国だと思います。



しかし、その幸せを永く享受できるための心構えが、


この国民に果たしてあるのか疑問に思います。



◆今の安穏とした状況のまま、


緊張感もなく過ごすといずれ今のバランスは崩れることになると予想されます。



たとえば、経済界における日本企業の国内にだけむいた戦略、


引きこもりが存在できる社会環境など、


その兆候はすでに実際の現象として発現しているのです。



◆昔日本の武士は、いくら平和なときであっても、


剣の素振りをして心と体の準備を常にしていたようです。



この準備をしないと、


命を落とすことを重々知っていたからこそできたことかもしれません。



それにしても、いまの時代にわれわれは何を準備しているでしょうか。



◆健康については、


健康ブームなどの影響によりサプリメントやグッズを使用することが増えているようです。



しかし、肥満については、


特に男性はその比率が20年前、10年前と比べて徐々に増えてきているのが実情です。



今の時代の男には、闘う気持ちがなくなったのでしょうか。



◆「どう生きるか」を考えしかも緊張感を持って生きていないと、


事態が急変した場合には、


時代の渦にすんなり飲み込まれるしかありません。



      朝10時までに仕事は片づける

         高井 伸夫 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:37:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき943】〔毎日の効率を上げる方法〕 | ホーム | 【気づき941】〔日常から、発想の転換のヒントを得る〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2673-97abd1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |