【気づき944】〔見違えるほど仕事の効率がUPする方法〕
2014 / 09 / 17 ( Wed )






◆物事には、動の面と静の面があります。



仕事にも動と静の両面があるのです。



仕事の動の面といえば、


人とのやり取りや実際の移動などですし、


静の面とは段取りを組んだり対策を思案することといえます。



◆この仕事の二面性を自覚し、


どういうタイミングで動と静のどちらの仕事を組み込むかをうまく調整することは重要です。



ただここに注意をしただけで、仕事の効率は驚くほど上がるのです。



◆仕事をする上で、動と静をどのように組み合わせるかを考えたら、


動は昼間、静は朝か夜ということはすぐにわかることです。



したがって、計画をたてる、思案をする、段取りを組むことは


特に朝が望ましいことは明らかです。



夜更かししたら翌朝に頭が働かないことは明白なので早朝しかありません。



そして、電話や直接会ったうえでの人とのやり取りなどは


昼間に思う存分やればいいのです。



◆朝、仕事場に行くだけでエネルギーを使うとことを避けるためにも、


5時過ぎの電車で仕事場に向かえばいいのです。



空いている電車のなかはゆったりしているうえに静かなので、


字を書いたり、段取りを考えたり、本を読むには最適です。



電車を、自分の動く書斎とすることができるのです。



◆また、職場に早く着きすぎるのであれば、


近くのスタバやドトールコーヒーやガストなどでお茶を飲みながら、


自分の時間を有効に使うこともできます。



◆早起きは、物理的な時間を捻出することになることに加え、


集中できたり、やる気が出たり、気づきが起こるという


生物としてのよい影響を享受できる最高の生活習慣なのです。



      朝10時までに仕事は片づける

         高井 伸夫 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:45:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき945】〔新幹線のグリーン車の代金をなぜ払うのか〕 | ホーム | 【気づき943】〔毎日の効率を上げる方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2675-acbee7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |