【気づき946】〔仕事も、先んずれば制す〕
2014 / 09 / 19 ( Fri )






◆前日の晩から次の日にやる仕事の段取りがついていたら、


朝職場についた時点で何からやればいいのかが自然に決まり迷いがありません。



迷いがないのですから集中もできるし、


その分さらに効率よく仕事をすすめることができます。



その流れで次の仕事にもすんなり入れて、より一層スムーズに進みます。



◆そういうペースで時間を過ごしていると、


あらたに起こったことに対する対応も早くでき、


しかもすっきりした脳の力を100%使用することができます。



したがって、解決までの道のりも最短コースを選べる確率が格段に上がります。



◆物事の解決には勢いというものが必要です。



その流れにうまく乗っかると、自然と人や物事のとのめぐり合わせがよくなり、


効率が知らないうちに上がるように感じます。



そういう力を見方につけるように工夫すると非常に強いです。



◆しかし、段取りもつけずに勢いだけでいくと、


物理的にも行程的にも効率が悪く、


引き返したり同じことをやり直すようなことも起こります。



だからこそ、段取りをつけることはまず一番に必要な準備なのです。



今ある情報をきちんと並べ替えて、


処理する順番をつけるだけで流れが大きく変わります。



その流れを有利にするために、


こまごましたことはできるだけ速いうちに片付けるように心がけることも大事なことです。



      朝10時までに仕事は片づける

         高井 伸夫 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:06:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき947】〔『苦手を克服』は、時代遅れか?〕 | ホーム | 【気づき945】〔新幹線のグリーン車の代金をなぜ払うのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2677-f21fbaec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |