【気づき958】〔パソコンが壊れても仕事を継続できますか〕
2014 / 10 / 01 ( Wed )






◆便利になったとはいえ、技術の進歩が即、


人の生活の向上とはいえないのが現状です。



体を動かさないで生活習慣病が増えてしまっては、


生活が進歩しているとは到底言えません。



技術の変革によって起こるマイナス面もクリアしてはじめて進歩と言えると思います。



◆そういう観点から、めざましい発展を遂げしかもわれわれの生活に深くかかわりをもつ、


パソコンとの付き合い方を考えておかなければならないと思います。



いま、職場からパソコンがなくなったらどうなるでしょうか。



連絡先の電話番号をその都度インターネットで検索している人もちらほらみかけます。



そんな姿勢では、パソコンが壊れただけでその人の仕事はストップしてしまいます。



◆東日本大震災以降、あらためてリスクマネジメントが取り沙汰されています。



とくに、企業が運営を継続するための


BCP(事業継続計画)という言葉を目にすることが多くなりました。



◆すべての資料を紙ではなくメモリーに保存できる時代ですが、


最低限紙で残しておくものが必要なものもあるはずです。



組織としての運営継続もさることながら、


社員ひとりひとりの仕事継続の工夫をするという視点から


当然検討されなければならないと思います。



◆まずは、自分の使っているパソコンが破損したらどうするか、


事業所が停電したらどうするか、


広範囲の自然災害が起こったらどうするか。



身近な課題を解決する手段をふだんから考え、


徐々に考えを広げ、深めることが自分の価値を高めると思います。



      朝10時までに仕事は片づける

         高井 伸夫 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:41:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき959】〔この地球で日本人ができること〕 | ホーム | 【気づき957】〔技術の進歩は人に幸福をもたらすか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2689-7e41ee38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |