【気づき967】〔上司指示の雑用にどこまで心を込めるか〕
2014 / 10 / 10 ( Fri )






◆「コピー、とっておいて」



上司からそういう指示を受けた際、


・コピーをとるだけ、

・ホチキスでとめる、

・両面コピーにする、

など対応にもいろいろあります。



勝手に判断してはいけないこともあるでしょうが、


依頼者に確認するのもひとつのあり方だと思います。



参考になる資料を付け加えると言うこともあるでしょう。



◆もし、いくつかの対応を思いついても


「そこまでするつもりはない」とセーブする気持ちが働くこともあるかもしれません。



しかし、自分の力を発揮する機会でもありますし、


その動きを評価する人が見てくれているチャンスでもあるのです。



◆いやいや仕事をやるのと心弾んでやるのとでは、


充実度に差が出るのは当然です。



どうせやるのなら全身全霊を込めて立ち働き、


その勢いを常に保ち、


つねに楽しく効率よく過ごすことが理想的だとは思いませんか。



◆自分が忙しくしているときに更に他から仕事が舞い込んできた場合、


その用件を早く片付けてしまいたいと思うのは人情です。



しかし、そういうときでも気持ちを込めてやろうと切り換えることはできます。



切り換えのポイントは、


依頼された仕事をやみくもに片付ける前にひと呼吸おいてみることです。



そして、依頼者の視点に立ってみてはどうでしょうか。



◆目的を見据えることで、そのために必要な条件が見えてきます。



それを織り込むことで自分にとっても興味深い仕事となり、


無駄な時間を過ごすことにはなりません。



      朝10時までに仕事は片づける

         高井 伸夫 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:08:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき968】〔いま、日本で起こっていること〕 | ホーム | 【気づき966】〔イライラ放置で人生を棒にふる例〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2699-2478843c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |