【気づき1042】〔斜に構えるのはかっこいいことか〕
2014 / 12 / 24 ( Wed )






◆いい人というのは、「つまらない人」と同義語で使われることがあります。



ネットで検索してみたら、「いい人=つまらない人」という意見が数多く見られます。



それが事実かどうかは別として、


上位にでてくるのですからかなり一般的に浸透している感覚なのかもしれません。



◆しかし、これが事実であるとしたら、非常に切ない話です。



いい人というのは人の気分を害さない人です。



人と人の和を取り持つ人のことです。



そうであるにもかかわらず、


「ありきたりでつまらない」と責められるような評価を受けるのです。



どこかが間違っている気がします。



◆逆に、斜に構えることは恰好の良いことなのでしょうか。



たとえば、大多数が「うんうん」とうなづいているなか、


ただ一人だけ反発することは場合により恰好いいことにもなるでしょう。



しかし、そういう立場を取る理由に中身のある理屈がなかったら


単なる上っ面の恰好良さでしかありません。



中身がないとしたら、いわゆる「張りぼて」です。



表面は立派だけど、寄りかかったらすぐ倒れてしまう単なる見せかけでしかありません。



◆もし、中身薄な人間が評価されて、


人を幸せにする人がないがしろにされるとしたらそれはどこかおかしいでしょう。



何かが歪んでいるのではないでしょうか。



わたしたちの気持ちのなかにある尺度を見直す必要があるのではないかと思います。



        偽善入門

         小池 龍之介 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:19:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1043】〔プライベートに立ち入る勘違い上司の心のうち〕 | ホーム | 【気づき1040】〔みせかけの善意は人を不幸にする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2774-ced1f795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |