【気づき1046】〔善のタネは気持ちに染み込む〕
2014 / 12 / 28 ( Sun )






◆わたしたちは、自分のことだけを考えていたら幸せにはなれないという思いをもっています。



また、人のためにできることを行動に移していないにもかかわらず、


「あまり世の役に立ってはいない」と思うこともあります。



人のためになる行動を実際に起こしてみたら、何かが変わってくるかもしれません。



◆気恥ずかしくて行動を起こすことを躊躇しているとしたら、


自分らしくのびのびと生きているチャンスを失っていることになります。



また、みすみす幸せになれるチャンスを逃してもいるのかもしれません。



人の目を気にせず、行動する勇気も時には必要です。



◆もし、人の目にとまることを避けたいと思うのであれば、


自分の内面という小さなところでだけでも何か始めてみたらどうだろうかと思うのです。



人は当然まったくの善だけで生きているわけではありませんが、


少しの善を実行するだけでも世界の見え方はかわってくるのです。



◆以下は、小池龍之介氏の書物内での弁です。



「わたしたちの心が不完全である以上、

どんなにがんばっても最初のうちは偽善にしかならない。

しかしそれをわかった上で、あえて善を選ぶことができたら、

偽善のなかにかならず含まれる数パーセントの純粋な善の心が自らの心に染み付き、

自分の心が良い方向へ組み変わっていく。」



◆純粋な気持ちを大切にするようにしたら、


平和で幸せな心持ちに少しずつ近づき、


きっと違った人生になるのだと思います。



        偽善入門

         小池 龍之介 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:06:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1047】〔『照れくさい、はずかしい』は不幸の始まり〕 | ホーム | 【気づき1045】〔禍(わざわい)を転じて福となすあり方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2778-e722c3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |