【気づき1067】〔人生灰色、バラ色は自分で決められる〕
2015 / 01 / 18 ( Sun )






◆人生を振り返り、自分の人生の充実度を年齢ごとに評価してグラフを作ってみると、


自分はどういう風に感じているかを確かめることができます。



そして、その結果は非常に興味深いものです。



ただ興味深いというだけではなく、もし、これまでの人生が充実していないと思うのであれば、


それをどう切り返すかのきっかけにすることができます。



◆ただ、「今、こういう状況なのに、変えられるわけがない」という思い方では


切り返すことはむずかしいでしょう。



なぜなら、その言葉のなかに「どう考えても無理だろう」という思いが込められているからです。



はじめの第一歩を踏み出す前からそういう思い方であると、達成に至ることは無理なことでしょう。



◆多くの人は、人生はひと山だと思っているようです。



20歳代、30歳代にピークを迎え、そこを境にその後は下降線をたどるというイメージです。



しかし、そのイメージに合わせて生きていく必要があるのでしょうか。



人生とは、果たして、年齢を重ねるにつれて下っていくものなのでしょうか。



100歳を目の前にして詩集を出して、多くの人を励ました柴田トヨさんのような人生もあります。



何の努力も、何の感動もなく、漫然と生きていては何も起きないことは自明の理です。



◆100歳に比べたら、50歳は半分の年齢です。



60歳でもまだ40年も生きることができます。



人は1つのことに10000時間を費やせばそれなりの成果を修めることができるといいます。



1日2時間費やすと1年で730時間、それを20年間続けると、14,600時間確保できます。



目標さえ定めることができたら、


60歳から始めても少なくとも1つのことのスペシャリストになれるのです。



◆心楽しく生きる努力をするか、それとも気持ちを自らしぼませる生き方をするか。



灰色の人生をバラ色に塗り替えることは可能なのです。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:19:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1068】〔目の前の幸せを、幸せと感じられないわたしたち〕 | ホーム | 【気づき1066】〔怒ることのマイナスを知る〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2799-70102cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |