【気づき1070】〔心は満たされているか?〕
2015 / 01 / 21 ( Wed )






◆日本という国は、治安もよく、経済的にも裕福で、本当に恵まれた国だと思います。



何不自由なく生きることができます。



多少、ぐうたらであっても生きていけてしまうくらいです。



◆しかし、こんなにも恵まれた状況であるのに、幸せを感じられない人が大勢いるのです。



満たされすぎているからそうなるのでしょうか。



物事のとらえる感覚がおかしくなっているのでしょうか。



それとも、人間とはこういうものなのでしょうか。



◆いま、年代の若い人たちが目標を持つことができるのかが気になります。



何もかも満たされているから、生きる意欲が湧き上がってこない面も見受けられるからです。



物や食事に関心をなくしているだけで目標がないとはいませんが、


どう生きていけばいいのかを定めにくく思っていうのではないかと感じるのです。



◆ここで必要なのは、何が幸せかを探すことです。



1つ言えることは、精神的豊かさを得ることがないと充足感は持てないし、


希望ももてないということです。



そういう意味で、いまは物ではなく心の時代なのでしょう。



これからの時代のキーワードは、希望であり、感動ではないでしょうか。



◆まずは大人が、


若い世代に提示できるような生き方をまずみつけないといけない時代だと思います。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:08:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1071】〔その人なりに、その年なりに自由に生きる〕 | ホーム | 【気づき1069】〔考えて、決断する時代〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2802-efaca505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |