【気づき1074】〔20年後の『なりたい自分』を想像したことがありますか。〕
2015 / 01 / 25 ( Sun )






◆ビジネスやスポーツなどの世界では、成長する、勝ち残ると言う視点から、


1年後、5年後、10年後にどうなりたいかを想定し、


それが実現するように目標を設定して毎日をこなしていくということが普通です。



◆ただがんばると思うだけでなく、


毎日やることを具体的に挙げて着実に毎日積み上げていくという手法です。



そういう鍛錬の結果、未来に成果、成功が待っているのです。



◆確かに生き抜くということを軸に考えるとこのような毎日となるのですが、


それだけでは足りないのではないかと年齢を重ねてきて思うようになりました。



つまり、人は一人では生きていけないといいますが、


将来家族友人とどういうふうにつながるか、


あるいは寂しくなろうともそういうことを気にしないかも決めておかなければならないと思うのです。



一人で生きていく覚悟を決めたらその必要はないのですが、


そうでない選択をするのであれば準備をしておかなければならないのです。



◆人間関係をつくるということには時間がかかるものです。



しかも良い関係をつくるには、やるべきことをしているか、


人をいやな目にあわせていないかなどのそれなりの実績(累積量と継続時間)が必要となります。



実質的にそれが作用して、家庭内に居場所があるかどうか、友人がいるかどうか、


参加できるコミュニティがあるかどうかなどに影響が出ます。



◆人生の先輩方の話しや書物を参考にさせていただくとよくわかるのですが、


特に定年を迎えて自由に使える時間が増えたときに、


それは現実として身をもってわかることのようです。



少なくともこの時期を迎える以前に、


「自分はどうしたいか」「どうなりたいのか」を確認しておかないと、


あとで気づいても取り返しがきかないのです。



その時はもうすでに手遅れであることが多いのです。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:49:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1075】〔捨てて、勝つ〕 | ホーム | 【気づき1073】〔企業内自営業者になる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2806-5f9bee55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |