【気づき1076】〔境遇をかえて、納得できる人生を歩む〕
2015 / 01 / 27 ( Tue )






◆人が自分の生活を振り返ってみて、


なぜ楽しくないのか、なぜ苦しいのか、なぜつらいのかを考えたとき、


それが自分以外の影響でそうなっていることもあります。



例えば海外では、戦争状態であるとか人種差別により、


逃れられないあるいは逃れるのに命をかけるような事態もあるのです。



◆日本では命がとられるような状況ではないにせよ、


親がまともでない、貧しかったので学校にいけなかった、自ら学校を拒否した、


ひどい上司にあたったなどの影響で窮地に追いやられていることがあります。



◆自分の境遇を変えていくにはどうしたらいいのでしょうか。



大変な状況下にない人からすれば、


「行動に移せばいいじゃないか」と思うのですが、


当人にとってはそんなにたやすくできるものではないのは事実です。



◆切り抜けるには覚悟が必要です。



まずは原因になる場所から離れると腹を決めること、


そしてその実現に向けて動き始めること、


そして知恵をもらえる人や手続きを進めてくれる人に出会うという流れに入ることが肝心です。



◆その実現のためにはお金が要るかもしれません。



住む場所も考え直さなければならなくなるかもしれません。



また、孤独に耐えなければならないかもしれません。



でも、手立てはあるのです。



動かないまま年を重ねていけば、


慣れはするけれどもはつらつと生きていくことはむずかしいのです。



とにかく、動いてみること、そこにはとにかく次へのステップのキーがあります。



動いた後に「とっかかりがなにもない」という状態になったとしても、


そのやり方では次のキーを得ることができなかったというだけのことです。



新たな可能性を求めて、次へいくしかないのです。



◆ロールプレイングゲームをしていると、必ず無駄足となるプロセスはあるものです。



「ここは確かめたから、次をためそう」とゲームで思うことを


現実世界にもあてはまればいいのです。



そこをどうとらえるかが分かれ目なのです。



その分かれ目をはっきりと確認し、そこで決意し、自分が人生の主役となるべきです。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:00:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1077】〔心が傷ついたときに一番にやること〕 | ホーム | 【気づき1075】〔捨てて、勝つ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2809-fc244f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |