【気づき1080】〔本を出してみませんか〕
2015 / 01 / 31 ( Sat )






◆日本という国は知的なレベルの高い国です。



なんと新刊本が年間で約8万冊も出版されているのです。



1日平均で言うと、約220冊です。



広く読まれる本とそうでない本がはっきり分かれるのではありますが、


とにかく著者として情報を発信している人が多いのです。



◆近頃は、パソコンの普及によりブログを書く人も大勢いるのですから、


それをまとめて本にするというような人もいることでしょう。



自分の好きなことを突き詰めていき、


そこで収集した情報やアイデアを発信するという視点は多くの人が持ち合わせているのでしょう。



この時代の流れともいえる風潮のなかにわたしたちはいるのかもしれません。



◆しかし、出版するというところに行きつくまでにはいくつかの障壁があるのも事実です。



どこの出版社に依頼をするかということもそうです。



その前に出版してもらえるような題材を持ち合わせているかどうかが一番肝心なところです。



◆実際に本を出版した「坂の上の坂」の著者である藤原和弘さんは、言っています。



「出版をすることで自分の関心のあることをまとめることができる」


「ある程度の人が好む本を書くと、自分のブランドになる」


「同じ関心を持つ人たちから講演の依頼をもらうこともあり、自分の活動の幅が広がる」



◆そういうところから、人とつながり、


豊かな人生を送ることができるきっかけになるなんて素敵なことではありませんか。



ベストセラーになるような本を書くなんてことを目標にしてもかなわないですが、


同じ関心のある人とつながるきっかけになるということを考えたら非常にわくわくしてきます。



◆これから10年、20年かけて、


自分の思いを本にしてみるという目標を持つことは楽しいことかもしれません。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:18:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1081】〔急死した友人に教えられたこと〕 | ホーム | 【気づき1079】〔50歳を越えてから、すること、できること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2813-8c4ed1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |