【気づき1089】〔人と知り合い、フィールドを広げる〕
2015 / 02 / 09 ( Mon )






◆人間関係をつくる工夫や苦労を重ねている営業職のテクニックは、


人と知り合いになろうとする際に参考になります。



実際に、人とのつながりを自然につくっていく人柄とテクニックを持っている人がいるのです。



逆に、電話で1回話をしただけで、以後は依然からの知り合いのように振る舞い、


相手の抱いている違和感には気をとめない人もいるのです。



◆以上は仕事でのお話ですが、プライベートでの人との付き合い方は様子が違います。



当然のことながら、人と話をするのは苦手という人は、


必要がなければ自ら人と関わりを持つことはしないと思います。



◆どのような人づきあいをするかは一人ひとりの自由です。



しかし、その自由のなかにいるからこそ自分でも気づかずに、


自分の望まない状況を迎えていることもあるのではないでしょうか。



人と知り合うことがないということは、


自分の考え方,感じ方だけにとどまるということです。



自分では気づかない、考えつかないことを知る機会を


シャットアウトするということになるのです。



◆これからはさらにコミュニケーションが大切になる時代といいます。



それはなにも政治や経済の話だけではなく、


私たち一人一人の人生の充実度にも関わってくるレベルでもそう言われているのです。



◆自分一人だけの価値観のなかに閉じこもっていたら、


自分にとっての新しい気づきを得ることはできません。



自分のことを知ってもらいネットワークを広げる機会、


自分の思いを主張できる機会をいいチャンスという考えに切り替えることが


より重要になってくるのではないでしょうか。



◆もし自分にはそれができないと思うのでしたら、


それができている人のまねをしてみる、


教えを請うという姿勢が自分を今以上に活かせるあり方のように思います。



        坂の上の坂

         藤原 和博 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:16:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1090】〔価値観の変化をキャッチする〕 | ホーム | 【気づき1088】〔不平不満は言ってはいけないか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2822-1d33618b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |