【気づき1102】〔組織が存続するための条件〕
2015 / 02 / 22 ( Sun )






◆先日、長年付き合っている同業他社の友人と


居酒屋(大手フランチャイズ)に集まることになりました。



待ち合わせ時間より少し早く店に到着したところ、座敷の床がかなりひどい状態でした。



部屋に通されてみて、おもわず床を眺めたまましばらく立ちつくしてしまいました。



居酒屋 たたみ



◆対応してもらおうと思い即座に店員さんに現状を見てもらいましたが、


その店員さんはしばらく床を見つめつづけ「いまから直すことはできませんし・・・」と言うので、


「なにか敷物をおかりできませんか」と提案をしてみました。



◆日本では長らく、企業特に大きな企業はなくならないものと信じられてきました。



しかし、時代の波により北海道拓殖銀行、山一證券、雪印など消えていく企業が実際に実現し始め、


この神話は崩れ去ることになりました。



◆今回の居酒屋の対応は、この時代には信じられないほどの低いレベルではないかと感じます。



客を大事にしないことばかりでなく、店の人が誰も何も感じないのかも信じ難いことです。



インターネットで情報が拡散する時代です。



リスクを全く回避できない状態に陥っています。



◆「人の振り見てわが振りなおす」これを機に、


自分の職場を冷静に客観的に眺めてみようと思います。



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:57:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1103】〔事実を突きつめる策〕 | ホーム | 【気づき1101】〔なにが、正義か〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2835-92737121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |