【気づき1104】〔人生充実期、さらにプラスに転じる〕
2015 / 02 / 24 ( Tue )






◆「生きていくために、私たちは働いている」ということは、間違いないことだと思います。



しかし、その意味合いは人によって微妙に違うものと思います。



◆身内との関係や生活環境から、


まずは食べていくために働かなければならないと思う人もいるでしょう。



また、物事のとらえ方の傾向から同じように思う人もいることでしょう。



一方では、自分のやることに自由を見出し、


自分の思うように時間を使うことを優先するために


仕事は生活の糧を得るための手段であるととらえる人もいます。



さらには、その自由のなかに仕事までも含めて考える人もいるのです。



◆今の時代、価値観が多様化していることは間違いありません。



移動手段の発達、コンピュータの発達と普及等により、


確実にグローバル化、そして人と人とのかかわり方に変化が生じています。



そんななかで、自分の体をどこに置くか、また自分の心をどこに置くかの選択肢が


爆発的に増えているのもうなずける話です。



◆だからこそ、いま、年齢を重ねてきた世代が動物的に盛りを過ぎて、


勢いがなくなってきている中でかつての価値観のなかにとどまると、


それこそ途方もない孤独感に苛まれるのではないかと危惧します。



逆に言うと、「いくつだから、こうしなければならない」と考えなくてもいいのです。



自分のなかにある感性や蓄積したものを周りにもっと自由に表現することが、


これからの時代にマッチした、しかも実現可能な生き方ではないかと思います。



◆それこそ、価値観の転換です。



長年しみついた思いにとどまるかそれとも新たな一歩を踏み出すかで


人生の充実度が変わるのであれば、


思い切って新たな思い方に飛び込んでみるのもプラスの賭けではないでしょうか。



           運を引き寄せる50歳からの新習慣

               植西 聰 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:04:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1105】〔やりたいことをして、生きているか〕 | ホーム | 【気づき1103】〔事実を突きつめる策〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2837-18c47b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |