【気づき1112】〔できない上司の下ですべきこと〕
2015 / 03 / 04 ( Wed )






◆組織というものは、役割を分担して一つの目標を達成するための仕組みです。



構成員は割り当てられたことをこなすことにより、目標に近づきます。



そして、役割を割り当てられるということは、


ある程度自分のやるべきことの範囲が限定されているということです。



◆それに対して、独立するとそううまくはいかなくなります。



人脈管理、営業、マネジメント、備品等管理や手配まで


全て自分でやらなければならないからです。



自分のやりたいこと、やるべきことを限定することはできず、


いくつものことにエネルギーを配分することになるのです。



◆よく、


「社長がもうすこしわかる人だったら事情はちがうのに」


「うちの上司はどうにもならない」などと言う人がいます。



人がこのように言うとき、あるいは思うとき、


社長や上司は実際に何をしているのかをわかって言っているのでしょうか。



その人たちの動きをしっかりと把握しているのでしょうか。



◆ここで考えるべきは、


どんなに不満があろうとも自分の上位の人のみならず、


自分以外の人は自分がやっていない仕事をやっているから、


自分のやることに自分は集中できているということです。



◆「だからこそ感謝して」などと野暮なことは言いません。



しかし、実情がわからないことに対して毒を吐いてうさを晴らしていても何の意味もないのです。



しかも実情を把握すること自体も無意味なので、


上司にやるべきことをやってもらう動きを実行し、


そして自分はおのれのやるべきことに注力することが肝心なのです。



           運を引き寄せる50歳からの新習慣

               植西 聰 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:10:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1113】〔人生設計の見直しは可能か〕 | ホーム | 【気づき1111】〔自分が楽しいことは何かを知っていますか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2845-9dac44a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |