【気づき1128】〔なりたい自分を思い描く〕
2015 / 03 / 20 ( Fri )






◆受験のとき、勉強しているところから見えるところに


「~~高校合格!」と書いた紙を貼ったものです。



いま考えると、これは立派なイメージ法です。



なりたい自分を常に想起させるための仕組みの中に自分を置いていたのです。



◆実現したいことを字にすること、


実現がなったとしてその経過をストーリーとして書いてそれを読み返すこと、


手に入れたい物などの写真を貼り出すことなどで、


自分の意識を常に目標にむけ、その達成に近づくことができるのです。



◆なりたい自分、できるようになった自分をイメージするトレーニングは


いまや自分の成長を促すための訓練法として確立しています。



とくにスポーツ界においては、一流選手は専属のイメージトレーナーを雇う時代です。



◆自分を奮い立たせるためにゆかりの場所に出かけてみる、


自分のやりたいことを実現している人の話をじかに聞きに行くなどということは、


気分転換というおまけまでつく有効な方法です。



           運を引き寄せる50歳からの新習慣

               植西 聰 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:02:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1129】〔韓国の実情を知る〕 | ホーム | 【気づき1127】〔『ピンチはチャンス』」は本当か〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2861-df97fa46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |