【気づき1143】〔常に新鮮な気持ちでいられるために〕
2015 / 04 / 04 ( Sat )






◆「自分を閉じる」という表現を聞くと、


「自分のそれまでしていたことに一区切りをつける」


という意味にとれない人もいるかもしれません。



そういう場合、「自分の思いを閉じる」ということを考えると


理解がスムーズになるかもしれません。



◆自分の思いに引きずられずにその都度気持ちに区切りがつけられたら、


わたしたちの毎日はどんなに明るく、


また気持ちも軽やかに過ごすことができることでしょうか。



◆座禅をすると、集中力が付くのと同時に


自分の思いに振り回されることを避ける力が付くとある本で学びました。



座禅の解釈は修業をした人なりの言葉で表現されるようですが、


座禅の意味は、


「我から発する行いをやめるためのもの。だから、歩けないように足を組む、

道具を使えないように手を組む、言葉をつかえないように口を閉ざす」


ということも学び、なるほどと合点がいきました。



◆座禅は、自分の思いに振り回されないよう自分の想念に区切りをつけるために、


まずは自分の体の内と外との境目を作るためのものかというように感じました。



これはまさしく、自分を閉じることであり、


自分のしていること、考えることに区切りをつけることにつながると思うのです。



◆自分の目安でそれまでの自分をいったんやめ、


そして次なる自分をまた形作ることができたら、


常に新鮮な人生を歩むことができるのです。



             閉じる幸せ

               残間 里江子 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:10:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1144】〔すべての国民に英語が必要か〕 | ホーム | 【気づき1142】〔人生の勝利者になる鉄則〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2876-d2f9bc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |