【気づき1146】〔きっちり閉じて、新たな自分を勝ち取る〕
2015 / 04 / 07 ( Tue )






◆自分をいったん閉じて、次の自分づくりに向かうということの


具体的なきっかけの1つは退職です。



思うところはやり終えたと感じた時や


年齢や環境の変化でひと区切りをつけるというような時など、


その理由は様々違ってくるものではありましょう。



◆しかし、区切りをつける時でありながら、


退職前にやるべきことをきちんとしいまま退職する人がいるのも事実です。



自分がしてきたことを次にやる人にきちんと伝えない人というような人もいるのです。



そのままの状態で退職することは、理由はどうであれ、


「自分を閉じる」ということが完結しません。



結局、次なる自分を作りきれないことを招くことになります。



◆人が自分が正当であると考えることを貫くことは、


「自分であること」「自分で立つこと」ということになります。



しかし、もしやるべきことをやらないということを貫いたとしたら、


それは人から受け入れられない自分を作り上げることになってしまいます。



◆それは、道義上、労働契約上という話だけではなく、


実際にはきれいに閉じきれていないまま閉じるという形をとっただけであり、


そのつけは時間がたって自分自身にふりかかるだけです。



閉じきれないまま、新たな自分をつくれない空白時間をつくることになってしまいます。



◆きっちり閉じてから新たな自分を積み上げるということが、


自分自身にとってそして自分の生きる環境の上において当然望ましいかたちです。



             閉じる幸せ

               残間 里江子 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:29:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1147】〔人生終盤にできる帳尻合わせ〕 | ホーム | 【気づき1145】〔過去を整理して、新しい自分をつむぐ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2879-c92b8769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |