【気づき1150】〔勢いと修正で、さらに効率良く〕
2015 / 04 / 11 ( Sat )






◆「~時までに、~のことを仕上げなくてはならない」ということが


仕事をしていると必ずあります。



若いうちは休む時間を取ることも考えずに、


ただ「集中!集中!」と自分に言い聞かせて目の前のことに臨んでいました。



◆しかし、気力が続きにくくなる年代となって初めて考えたことがあります。



「集中!」と自分に言い聞かせて自分をあおる方法と、


深呼吸をしてまずはやり方を決めて仕事中も呼吸を整えながら望む方法とでは


どちらの効率が良いか、という点についてです。



◆自分に気合を入れれば入れるほどうまくいくとは限りません。



少なくとも運動競技においては気合を入れるだけでは「力む」ということにつながり、


効率の良い体の動きを阻害する要因とされます。



◆自分を奮い立たせることはもちろん必要なことです。



しかし、始終そういう思いではもし修正すべきポイントに出くわしてもそれと気づかず、


ただ最初にやると決めたことをこなすだけになるのではないかと思います。



◆目の前のことに集中すること、修正が必要なことに気づいてそれを実践することという


双方を実践するためには課題を広い視野で見つめる必要があります。



それを可能にするには、


やはり勢いだけではなく冷静さが求められるのではないでしょうか。



             閉じる幸せ

               残間 里江子 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

19:15:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1151】〔気持ちを回復させる手立て〕 | ホーム | 【気づき1149】〔年長者が評価される時代〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2883-cadadd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |