【気づき1211】〔原稿を書きあげるための究極の極意〕
2015 / 06 / 11 ( Thu )






◆「あきらめること」「しぼること」「多くを入れない」



これは、ジャーナリストという字を書く仕事をしている人にとって、


文章を書くということの極意のようです。



◆ここだけを見ると、


文章を書くことを生業としていないわれわれにとって、


「まったくスタンスが違う」としか言いようがありません。



一般の人にとって、まとまった文章を書くということは、


「何を、どう書くのか」で頭がいっぱいになるのです。



そこで、文章をまとめるノウハウを知りたいと思うほうが先にたつわけなのです。



◆ここでジャーナリストの立場からも提案されている方法を1つ紹介します。



それは、「内容云々よりいつまでに書くかを先に決めること」なのです。



文章を書くことを考えると気が重いという心持ちのままだと、


いつものように締め切りの直前に追い立てられるように書くのが落ちです。



◆そうならないためにも、与えられた締め切りではなく、


自分で定めた締め切りまでに書き上げることが大切だといいます。



とにかく、「書かなければならない」と思うだけでなく、


早いうちに「実際に書く状況を設定する」ことが肝要なのです。



ジャーナリストの視点からすると、


早めに締め切りを決めて書くことは、


新鮮に感じているうちにその気持ちも含めて文字にするという意味があるということです。



そう考えると、時間を区切る意味が一般人の私たちとはまったく違うのですが、


形の上でまねるメリットは十二分にあると思います。



   文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術

       ひらの こぼ 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:15:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1212】〔人も自分も楽しくなる、情報の獲得法〕 | ホーム | 【気づき1210】〔悪い連鎖は早めに断ち切る〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2944-6a71ebd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |