【気づき1223】〔価値観の押し付けは許されるか〕
2015 / 06 / 23 ( Tue )






◆年齢的に中学高校生は若いので、


体力もあるし、気力もあるし、


多少の無理がきくのは間違いありません。



しかし、いくら親でも「中学高校くらいのときは、もっと活発に動きなさい」


と子に強制することはいいことなのかとよく思います。



◆いくら体が動いたとしても、その体をどう動かすのかを決めるのは心です。



その部分を抜きにして、


動ける状態であるのだからとにかく動けということは非常に横暴であると思うのです。



そうは言ってないにしても、当人にとってはそう聞こえる気がしてならないのです。



◆中高生に限らず20歳代であっても


「若いんだから」ということで周りから決めつけられてしまうこともあります。



しかし、学生であるときには


その時に抱えている将来のことについてなどの悩みがあります。



就職してからも仕事を覚えるなかで精神的重圧を感じ続けたり、


先の路線変更等について考えることもあるのです。



そういう事情を抜きに言葉を投げられることは、


当人にとっては苦痛でしかないのです。



◆一般論を押し付けられるのではなく、


一般論でアプローチしてもらうことはありがたいことではあると思います。



しかし、その先には個別の事情があるので


それを聴いたうえでコメントする気がないのならば、


不用意な言葉かけは相手にとって迷惑になることが多いと思います。



◆親であろうと、先輩であろうと、上司であろうと、友人であろうと、


そういう視点を持ち合わせておくことは必要です。



   文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術

       ひらの こぼ 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:45:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1224】〔人は支えがないと生きられない〕 | ホーム | 【気づき1222】〔『止まれ』を止まらない理由〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2956-67afb3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |