【気づき1253】〔安倍内閣がめざす、血なまぐさい日本の将来〕
2015 / 07 / 23 ( Thu )






◆安全保障関連法案が憲法違反だと言われつつ可決されました。



そこだけを見ても、日本は戦争をする国になる可能性が出てきました。



この法案に先立ち、


国家安全保障会議(日本版NSC)が設立されることも2013年に可決されています。



NSCは総理、官房長官、外務大臣、防衛大臣が定期的に集まり、


外交・安全保障政策の基本方針などを決める「4大臣会合」が中核となる機関です。



◆さらには、同年、特定秘密保護法も可決されています。



この法律は、日本の安全保障に関する秘密情報を


もらした公務員や民間人に厳罰を科すという内容です。



◆この3つの法が整備されてしまうとどういうことが起こるでしょうか。



NSCによって4大臣会合が開催され、


米国より海外派兵の要請について話し合われたとします。



この会合は国家の安全保障に関する最たるものですから


その内容を他に明かすことはゆるされません。



◆もし、その会合で4大臣がすべて参戦の意思を表明すると


すぐさま日本は戦争に参加することになります。



もっと恐ろしいのは、参戦に反対した大臣がいたとしても、


それを世に知らしめることが許されないという法律ができてしまったのですから、


もしマスコミにでも公表したらそっこく逮捕され、


その理由がねつ造されたとしても、誰も手出しができなくなってしまうのです。



◆「理にかなわない参戦なんてしませんよ」と首相が言ったとしても、


参戦自体を決めることができる仕組みが事実出来上がってしまったのです。



そして参戦することにより、


その時からはっきりと敵となる国からは攻撃される標的になるのです。



◆戦争で悲惨な経験をした日本がまた戦争に巻き込まれる構図ができてしまいました。



このままでいいのでしょうか。



身近な人が血を流して死ぬような仕組みを作らせてしまったまま


放置していていいのでしょうか。



       国家の暴走

       古賀 茂明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

16:31:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1254】〔安部首相のめざす、武器産業で潤う国〕 | ホーム | 【気づき1252】〔今やるべきことがあるはず〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2987-f98c92c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |