【気づき1255】〔おやじの長い夏〕
2015 / 07 / 25 ( Sat )






◆高校受験をひかえた中3の夏、


それまで遊び呆けていたのですが、


事態に気づいて必死になって勉強をし始めました。



追い込まれると自分では想像もつかない集中力が発揮されることもあるようです。



◆それまでは、


「やる気が起きない」「やる気がしない」などと思って踏み出せなかったのですが、


とにかく目の前のことから片っ端にやるしかありませんでした。



だから、とにかく走り始めました。



◆しかも、夏休みというまとまった時間が取れる時期でしたので、


休み中にある程度の基礎をやり直し、


これまでやってきたことをできるところまで反復するしか残された手がなかったのです。



◆ひと夏の集中した時間というものは、非常に貴重でした。



休みを終え新学期を迎えたときに受けた試験では、


それまでとは違うような結果が生まれました。



ラッキーにも、


知らないうちに違うステージに自分がいることを実感できることとなったのです。



それまで先の見えない雲の中にいたのに、


少し先が見えるような瞬間を迎えることができたのです。



◆この体験は、今思うとステップアップすることを実感できた有意義な時間でした。



この体験をもとに、今の年になってもステップアップを図りたいと思っています。



年初に岩波講座の世界歴史を13冊購入し、


1冊400ページ以上もある本を1か月に1冊ずつ読もうと考えました。



予定通りいけば、約1年で読破できるという算段でした。



しかし、それは甘かった。



いまのところ、まだ2冊しか読み終えていません。



◆しかし、中3の夏を思いだし、


やみくもではあったものの力技でこなした結果、


それまでとは違うステージに立てたことを思い出して、


多少時間がかかっても最後まで読み切るつもりでいます。



◆読み終えた後に期待するステージは、


今より世界の政治、経済、文化などの情勢を


多少理解できるようになる実力を身につけることです。



今、自分が生きているこの世の中で起こっていることを理解する、


あるいは生きているこの世で自分がどう生きるかをみつけるために、


勉強し続けていきたいと思います。



◆夏の暑い夜に読書に耽りながら、


40年近く前の自分のことをふと思い出したのでした。



       読書の技法

       佐藤 優 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1256】〔なじみの場所を持つメリット〕 | ホーム | 【気づき1254】〔安部首相のめざす、武器産業で潤う国〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2989-cbd3c7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |