【気づき1278】〔不安を消す方法〕
2015 / 08 / 17 ( Mon )






◆「人はなぜ、不安になったり、心配したりするのだろうか?」



「もっと生き生きとした時間を過ごしたい」



学生の頃、わたしはいつもこんなことを考えていました。



◆そういう心理状態であった1つの理由は、


自分が将来どういう仕事をするのかがみつけられていなかったからでした。



「自分は何をしようか」



「どうやって生きていこうか」



確かに求める答えを得られていないのですから、


すっきりしないのもうなずけるところです。



◆心理学的な見解からすると、


人は自己防衛本能から恐れというものをもつようです。



しかも、心に思うことがあれば目的志向型に行動を始めるとのことです。



つまり、不安や心配や恐れで頭をいっぱいにすると


その方向にむかってしまい抜け出せなくなるのです。



◆そこで求められるのは、ダメ意識を持たないことです。



それを実現するためには、大きな目標を持ち、


しかもその達成のための小さなハードルを常に目の前に置き続けていき、


自分を誘導することが必要なのです。



       高井 伸夫 著

        → 仕事で人は成長する



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:02:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1279】〔信頼関係の築き方のひとつの方法〕 | ホーム | 【気づき1277】〔貫くところに幸せあり〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3012-6cc72dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |