【気づき1286】〔『燃え尽きない』というバランス〕
2015 / 08 / 25 ( Tue )






◆仕事にエネルギーを注いで燃え尽きるということがあります。



とくに、極度のストレスがかかる職種や、


一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に


発生することが多いと言われています。



この症状には、「燃え尽き症候群」という名称があてられています。



◆それに対し、


好きなことにエネルギーをいくら費やしても


果てることがないというイメージがあります。



しかし、好きなことに対しても、燃え尽きるということはあるのです。



あまりに専念し過ぎると、


そこには自分でも自覚しにくいストレスが生じ、


自らの気持ちを弱らせていく力が働くのです。



◆「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」



昔からの言い伝えに近いものではありますが、


「度を越すと体に障る」という表現もあります。



どんなに好きなことであってさえ、


度を過ぎると体に負担がかかることは間違いないことです。



好きであるがゆえに苦にならず、


体に負担となっても継続できてしまうということもあるのです。



しかし、細く長く続けていくためにはやはりセーブしなければなりません。



◆ただ、セーブというと抑える一方なので、


もうすこし実情に沿った言い方をすれば、


バランスをとるという言い方がぴったりくるのかもしれません。



行き過ぎたら戻る、抑え過ぎたらもう少し攻めてみる。



このあり方は一本調子では成立しないので、


微妙にむずかしいことなのかもしれません。



◆しかし、これができてこそ、


細く長く自分がエネルギーを注ぎたいことに


向き合い続けることができる秘訣だと思います。



       高井 伸夫 著

        → 仕事で人は成長する



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:10:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1287】〔感情に走れば自己を失う〕 | ホーム | 【気づき1285】〔あきらめないでやり遂げるための条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3020-8232d49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |