【気づき1295】〔自由な発想の源を知る〕
2015 / 09 / 03 ( Thu )






◆リッツカールトンホテルといえば、


ハードがすてきな上にお客様を大切にもてなすことで知られるホテルです。



お客様の思いに添った数々の逸話があることで有名です。



◆そのエピソードの1つですが、


あるパーティーの依頼が入りその申込者には身につけたい衣装があったようです。



ホテル側はその衣装を想定して会場設定をはじめたところ、


どうしてもホテルの床や天井と色が合わないことがわかりました。



そこで、従業員が選択した方策は、


床と天井の色,調度品を取り替えるという大胆なものだったようです。



◆どのようなやり方でそれを実行したのか、


費用はどうしたのかなどの詳細はわかりません。



しかし、結果的に、


「そういう手段は無理だろう」と最初から除外されそうな策を選択しているのです。



◆こういうことを許される環境であると、


実現可能かどうかなどという制約を受けずに自由に考えることが身につくでしょう。



あらゆる可能性を探る習慣の中に身をおくことにつながっているのです。



◆発想の転換といいますが、


発想の枠が固定されていることを外していく訓練を


ふだんから心がけることから全てが始まります。



また、仕事や生活のなかでここぞというときに新たな発想を得ようとするためには、


様々な視点で物事を見るということを積み重ねないとかないません。



◆その実現のためには、


いろんな人の考えに触れることが欠かせないのです。



分野を問わず本に親しむという習慣は、


絶対的な条件になるのではないでしょうか。



       高井 伸夫 著

        → 仕事で人は成長する



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

19:53:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1296】〔自分が噂を流していると気づかない人の悲劇〕 | ホーム | 【気づき1294】〔今この時間をどう生きるか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3029-3f6cd9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |