【気づき1299】〔心を込めて生きているか〕
2015 / 09 / 07 ( Mon )






◆「心をこめて、ご挨拶。」



これは雑誌で取り上げられるような企業だけで実践されるべきことではありません。



「当たり前のことじゃないの。」 と感じる方も多いと思います。



しかし、本当にそれができているでしょうか。



◆「挨拶をするときに相手に目を向けているでしょうか」



「トーンが一本調子ではないでしょうか」



「 仕事の手を止めているでしょうか」



ささいなことですが、


こういう日常のことを振り返ることでいろいろと確認することができます。



◆わたしたちはふだん何気なく過ぎていくことに対して、


決まった形でこなしていきます。



あるとき感じた強い思いや意気込みというものは、


日常の中に埋もれて色が薄くなっていきます。



そのトーンダウンを気力で防ぐことはどうしても無理です。



◆何か起こったらまた気持ちが持ちなおす機会になるのでしょう。



しかし、起こったことが自分の心に傷を残すことであったら、


もしかしたら立ち直れないかもしれません。



そういう傷を負わないためにも、


「どう生きるのか」


「どう生きたいのか」


「なぜ、あのときに自分は気持ちを入れ替えたのか」


などについて定期的に確認することが生きる上で大切であると思います。



       高井 伸夫 著

        → 仕事で人は成長する



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:43:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1300】〔ダイヤの原石はどこに居るか〕 | ホーム | 【気づき1298】〔モンスター,クレイマーとの関わり方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3033-d984ba57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |