【気づき1304】〔バランスを取って生きる〕
2015 / 09 / 12 ( Sat )






◆人というものは、


たとえばトンネルの通路を歩くときなど当然のことながら右か左を決めて歩きます。



心の持ちようにおいても、


多くのときは「こういうときにはこう判断する」という決まった基準があります。



その都度あり方を変えていくということより、


いつもと同じ選択することが多いように思います。



◆「いまはこの方法を選択する。でも状況が変化すればこの方法を選択する」


「いつもはこうだけど、今回はこう判断する」


というあり方は柔軟ですが、


考え方によっては常に判断材料を集めて考えていなければなりません。



人によっては、気持ちが安定しない、落ち着かないと感じるかもしれません。



◆「バランスをとる」というあり方があります。



バランスの意味を国語辞典で調べると「つりあい」とあります。



また「調和」ともあります。


物理的な説明であると、


「2つ以上の力が作用しても、その物体の運動状態に変化が生じない状態」


となります。



◆生きていく、生き続けるためには、


自分が「これが通常」という状態を維持していくことが必要です。



しかし、「自分がこうしていよう」と思っていても、


それを許さない事情が身に降りかかってくることが常です。



そういうときには当然自分の立ち位置に変化をつけなくてはいけません。



その実現のためには、多少の緊張感は伴うものです。



それをめんどうと思わないで常にしっかり立っていられる人が、


人生の達人と言われるにふさわしいのだと思います。



   林田 正光 著

       → リッツ・カ-ルトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

09:40:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1305】〔自ら勉強し、身を守る時代〕 | ホーム | 【気づき1303】〔気魄のなせるわざ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3038-3a1dce24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |