【気づき1313】〔気持ちの切り換え法〕
2015 / 09 / 21 ( Mon )






◆「腹が立ったときに気分を持ち直す方法は?」



このような質問をされて、すぐに答えることができるでしょうか。



ささいなことですが、たとえば、


コップの水を一杯一気に飲み干す、


手首に輪ゴムをはめてその輪ゴムをはじく、


ということでもそれはかなうのです。



◆また、子どもの頃、勉強しなければならないけどすぐに取りかかれず、


机についたものの漫画を読んだりそうじをしたりして


時間を無駄に過ごしたことは」ありませんか。



大人になっても、やらなければならないことがわかっているのに


取りかかれないことがあります。



◆状況の差はありますが、上の2点は、


気分を変えて、動き出すという点で同じ課題です。



実は、このようなことは生活しているなかで多く行き当たることであるので、


対処法を身につけておくことは人生を充実させるために重要な要素だと思うのです。



◆しかもその方法が、道具を使ったりせずに気軽にできるのであれば、


その手法を身につけておいても損はありません。



その方法の代表格は呼吸法です。



訓練をして身につけるようなレベルの呼吸法もあるようですが、


単に深呼吸を意識的に実行するだけでも大きな効果があることは


みな体験して知っていることです。



◆非常に腹立たしいことがあった直後に深呼吸をして気持ちを整えること以上に、


さらに深呼吸の素晴らしさを味わえる場面があります。



それを感じられるのは、走っているときなのです。



人から強制されたわけでもなく趣味で走っているのに、


10キロほど走ると「もうきついな。やめたいな」と思う事があるのです。



そういうときに走りながら通常の呼吸より息を深く吸い、


深く吐くことを数回繰り返すと雑念がきれいになくなることを体験できます。



それは見事なくらいはっきりわかります。



◆ヨガ、座禅など、呼吸に関して学ぶ題材が日本には多くあることは幸運なことです。



   本田 直之 著

       → レバレッジ時間術



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:28:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1314】〔雑事をはねのける時間の使い方〕 | ホーム | 【気づき1312】〔アクティブ思考の一事例〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3047-727c4d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |