【気づき1315】〔イヤホンの効用と弊害〕
2015 / 09 / 23 ( Wed )






◆ふだん、イヤホンを使いますか?



意識をして町を眺めたら、


イヤホンをして歩いている人が非常に多くいることに気づきます。



音楽を聴いている人、ラジオを聞いている人、


語学を勉強している人、各種学習講座を聞いている人。



それぞれいろんな理由があるのでしょう。



◆ジョギングをしている人の多くもイヤホンをしています。



好きな音楽を聴きながら、体のきつさを緩和させつつ、


体を動かすことに集中できるからではないかと想像します。



◆しかし、イヤホンを使用しているときのメリットだけではなく、


マイナスの面があることも確認しておいたほうがいいとよく思います。



◆イヤホンをするということは、耳を塞ぐということです。



いまのイヤホンはよくできていて装着していても周りの音もきこえるようですが、


聞くことによる情報収集ができにくくなるのは明らかです。



しかも、聞くことに没頭してしまうと周りに人がいるという意識が薄れてしまいますし、


場合により身に起こる危険を回避することもできなくなります。



後方から自分に向かってきている自転車などがあったとしても、


まずよけることはできません。



◆また、耳を塞いでいるという姿を目にしたとき、


それを見た人は心理的に「この人は人との接触を拒んでいる」と判断すると思います。



話しかけてはいけないという思いにさせるわけです。



そうなると、当然なことですが、人との接触は起こりにくくなり、


見知らぬ人との出会いや会話を楽しむ機会を失うことにもつながります。



しかも、身の回りの風の音、鳥の声、川の流れ音などの


自然の音も一切拒否してしまうことになるのです。



◆守られている場所に居て周りを拒否しても生きられるからこそできることとはいえ、


自分の行為を客観的に眺めまたその意味を考えることが、


長い時間の経過の中で影響が出てくることを認識しておいたほうが良いと思います。



   本田 直之 著

       → レバレッジ時間術



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:53:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1316】〔情報をお金で買うことの意味〕 | ホーム | 【気づき1314】〔雑事をはねのける時間の使い方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3049-2269cca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |