【気づき1339】〔寄り添うには覚悟が必要〕
2015 / 10 / 17 ( Sat )






◆塗炭の苦しみという言葉があります。



今の日本では、戦争を知らない世代はそれを味わったことがありません。



身に迫る飢え,喪失,疾病,傷病を体験したことがないのです。



そのため、実際につらい目にあっている人の気持ちを理解しきれないのかもしれません。



しかし、同じ体験をしないでも分かり合える機能が人には備わっているようです。



◆脳にはミラーニューロンというものがあることが発見されました。



そのニューロンの存在により、


人は人のすることをまねしたりまた共感することができるようです。



ただ、目で見たものに集中しそこに感情がプラスされると、


理解するということを超えて同じ苦しみを抱えることになってしまう危険性もあるようです。



◆やさしさとは、まずは寄り添うことです。



しかし、決して相手の気持ちに引きずられることではありません。



相手を理解しながらも、自分の気持ちは毅然としていなければならないのです。



なぜなら、打ちひしがれている人が気づけないことを変わりに察知し、


苦しみをより以上に深めたり長引かせることを避ける役割を果たすためです。



◆そういう姿勢に対して、


傷ついた人は冷徹さを感じて遠ざかりたくなるかもかもしれません。



しかし、支えようとする人はそこで思いを曲げてはいけないのです。



寄りそうことにはかなりの覚悟が必要になるものなのです。



   茂木 健一郎 著

       → ひらめき脳

    祐川 京子 著

       → 夢は宣言すると叶う



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:41:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1340】〔朝の1時間で人生を変える〕 | ホーム | 【気づき1338】〔あなたはどうなりたいですか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3073-b3b8ab2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |