【気づき1346】〔贅肉を削ぎおとす時代〕
2015 / 10 / 24 ( Sat )






◆東日本大震災をきっかけにして、


一般市民も生活を支えるエネルギーのことを自分の問題としてとらえ始めたと思います。



また、日本の経済的な衰退によるものでしょうか、


大震災より数年前から車もコンパクトな車種に目が行きはじめていたようにも感じます。



◆豊かなときには節制することには


なかなか意識が向かないのは仕方のないことだと思います。



しかし、2015年の日本を見る限り、


そんなことを言っている状態ではないことだと思います。



◆世界はいまも動いています。



アメリカは世界を動かすために綿密な戦略に基づいて、


アメリカ本位の考えを押し進めようとしています。



ロシアはそのアメリカの覇権をゆるがそうと黒海へ向けて南下することを決行しました。



中国も東南アジア海域への活動を活発化しています。



日本も中央アジアに首相が出向き経済的結びつきを固めています。



これは結果的にロシアの南下に対する防御線とづくりとも言える行動なのでしょう。



◆今の世界の動きの中で、


日本は何をやるべきか、またやれるかを考えて準備し、


日本の世界での今の位置を維持することが肝要です。



これからはそういう緊張感のなかで


組織も人も切磋琢磨する風潮を反映する時代がやってくるように思います。



◆組織のなかではその規模の大小にかかわらず、


様々なところでコンパクト化、効率化が求められるようになるでしょう。



また、時代の風潮として無駄を省く、効率化を図るということを反映させる具体例として、


体のスリム化に意識が向くようなことも起こるかもしれません。



単なるダイエットブームとは違った、


人格までも評価されるような基準が日本でも一般的になってもおかしくありません。



◆自分が、そして自分の住む国が快適に生きながらえることに


注意が向く時代がこれからやってくるのかもしれません。



     ジョージ・フリードマン 著

       → 100年予測




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:30:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1347】〔営業がうまくいかない当然の理由〕 | ホーム | 【気づき1345】〔今求められる、『縁の下の力持ち』の特質〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3080-231920e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |