【気づき1355】〔早起きとメモ活用で大前進〕
2015 / 11 / 02 ( Mon )






◆朝一番は、体の疲れもストレスも一番少ない状態です。



だから、頭も一番快調に動くことは間違いありません。



そういう環境の下、いろんなことを思いつくので、


このチャンスに思い浮かんだことをメモに取ることは


成長するために大きくプラスになります。



しかし、そのメモを思いついた略語で書いたり、


乱れた字で記録するとあとで何のことだかわからなかったり読めなかったりします。



これは大きな痛手です。



◆たとえば、以前わたしは自分のメモに「たなおろし」と書き、


あとで何をすべきなのかが分からなくなることがありました。



わたしがやりたかったのは、


職場の建物の上の階より下の階に不要になった本棚を下ろしてもらうように


担当者に依頼を出すという事でした。



しかし、「たなおろし(棚卸)」という一般に使われる用語の意味が


自分のメモの内容を邪魔してしまったのです。



これは、思い付きでメモすると痛い目に合ういい例です。



◆朝起きた直後の頭の回転のよさは特別です。



ふだん気づけなかったことや忘れてしまっていることを


拾い上げる大きなチャンスなのです。



そのチャンスにきちんと書き留めておかないともったいないというか、


場合により悲劇になります。



◆メモはふだんよりきちんとした字で書く、


略語や感覚的な思いつきで表記しないという鉄則を守るべきです。



しかも、心に負担になっていることに対しても、


そのことについて思っていることを書くと、


気持ちの負担が軽くなることもありますし、


「何をすればいいか」をひらめくこともあります。



また、意外に簡単に処理できることが確認できて


仕事の意欲がさらに増すこともあります。



◆メモしないで頭にとどめたままであると、


脳のキャパを奪うことになるという基本的なことも確認しておいて損はありません。




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:50:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1356】〔座る場所を変えて、自分を見てみる〕 | ホーム | 【気づき1354】〔自分で自分を知る方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3089-03738bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |