【気づき1378】〔心のスイッチを入れるために〕
2015 / 11 / 25 ( Wed )





◆人は動機さえあれば、行動に移すことができます。



気持ちにスイッチが入れば、体が自然に動くものです。



そういうとき、心はおのずと軽くなり、


周りの状況をキャッチする力も高まり、


目の前のことに集中することもできるものです。



◆毎日を、虚しく、つまらなく生きているとしたら、


この心のスイッチを入れることで人生はがらっと変わってきます。



◆自分が変化するきかっけというものはどこに転がっているのかはわかりません。



経済的にもしくは心理的な理由でつらい状況を抱えていて、


変化するきっかけというものを持つことができないこともあるでしょう。



しかし、「愛でる」「関心をもつ」ということに素直に反応していくと、


気持ちが自然に変わっていくという仕組みが人にはあるのです。



◆心が重いとはいえじっとしている間は、


頭の中で堂々巡りをしているだけで何の変化も迎えることはできません。



その状況を変えるためには一歩踏み出すしかありません。



たとえ気乗りがしなくても、動き出すしかないのです。



◆自転車もスピードが出て楽に進むまでには数回重いペダルを踏むしかありません。



しかし、いったん勢いがついたらあとは楽に前に進むことができます。



そのような体験を積み重ねていくことにより、


自分の人生を切り開いていける力を身につけていくものだと思うのです。



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1379】〔嫌味が自分を不利にする瞬間〕 | ホーム | 【気づき1377】〔できる総務担当者の動き方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3112-3cad881d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |