【気づき1389】〔努力をしないとつらさ倍増の時代〕
2015 / 12 / 06 ( Sun )





◆景気が回復してきたというデータを提示されても、


それを実感できない場合、空しさを感じるものです。



しかし、そんな状況のもとでも、


自分の会社のことや自分のする仕事のこと、


自分の行く先を悲観しないで生きられたら素敵なことです。



◆逆に、業績がよく、見入りにもすぐ反映する会社に勤務していると


そんな思いはしなくて済みます。



しかし、そういう会社にしたとしても、このグローバルな時代です。



なにがどう影響してくるかわからないのです。



しかも、その波及の時間もかなり速いのが今なのです。



◆「何が起こっても全てを受け入れる」と思ったとしても、


これまでの経験以上のことが見に迫ると対応しきれないというのが普通ではないでしょうか。



いまできることとすれば、むずかしい課題ですが、


自分なりの「なぜ働くのか」「なぜこの仕事を選択したか」という


哲学的であるけれども初心に返る問いに立ち返ることでないでしょうか。



◆ただし、自分なりの働く意義を見つけ出すには努力が必要です。



初心を思い出すのとは次元が違ってきます。



自分のなかにそれについて考える題材がないのであれば、


読書を続けるなどして、見識を広め、考えの幅を広げることが必須です。



その努力により、結果的に自分を助けることになるのですから、


努力は身のためであるといえます。



        熊谷 正寿  著

          →  一冊の手帳で夢は必ずかなう



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

11:08:17 | 生き方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1390】〔へこたれない強さはどこから生まれるのか〕 | ホーム | 【気づき1388】〔どう生きたいかは常に確認すべし〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3123-45221642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |