【気づき1397】〔人生を変える、ささいなきっかけ〕
2015 / 12 / 14 ( Mon )





◆幸せになるためには、


努力をしなければならないということは理屈ではなく、


なんとなくそう思うのです。



しかし、何をどうすればいいのかということが具体的にわからないのが実情です。



◆もし、それがわかったら、


「もっと前からやっておけばよかった」と思うのが普通のことでしょう。



しかし、無為に過ごしたことを悔やむことは精神衛生上よくないので、


そんなことを思わず、割り切って今からやればいいのです。



◆人生を変えるために必要なものは、気持ちの切り換えです。



それさえできれば、いつからでも幸せに向かい始められるのです。



しかも、できそうもないことをやるのではなく、


できそうなのに「そんなことはいつからでもやれる」と考えて


結局やらない自分の気持を切り換えるのです。



先延ばしにして結局やらないという姿勢がだめなのです。



◆いますぐ始められることや今日から始められること、


それを今からやることが人生を変えることを、この本は教えてくれています。



挨拶、早寝早起き、読書。



人生を変えるきっかけはいくつもあるのです。



実行した人だけがその事実を知ることになるのです。



        アーノルド・ベネット 著

           → 自分の時間



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

18:24:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1398】〔逆風に負けない自分になる〕 | ホーム | 【気づき1396】〔死ぬまで1つのことを極める自分になる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3131-1d06d925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |