【気づき1399】〔できない人を見て腹が立つのは、なぜか〕
2015 / 12 / 16 ( Wed )





◆今の若い世代は、


人のために役に立ちたいという尊い気持ちを持っている人の比率がとても高いようです。



しかし、その反面、自分の身近なところで起こる一人の人の行動を攻める思いが、


その尊い気持ちをいとも簡単に打ち消すことも多く起こります。



◆尊い気持ちを持続させるためには、


人を責める気持ちを消し去らないといけません。



しかも、「人のことを責めちゃだめ」と


自分に言い聞かせるくらいのことだけではその実現は不可能なのです。



なぜ、人のことを責めないほうがいいのかを自問自答して、


感じ方や考え方を常に変えていくという、



修業ともいえる努力が必要となります。



◆でも、なぜできない人を見たら、またやらない人をみたら腹が立つのでしょうか?



「人それぞれ」と言いながら、なぜ許せないのでしょうか?



まずはじっくりと自問自答してみる時間を持ってみてはいかがでしょうか。



◆人は知らず知らずのうちに、


「共同で生きている」という感覚を持っていると感じます。



だからこそ、さぼる人がいたら、


その分自分の負担が増えると感じて怒りになるのではないでしょうか。



そう考えると、もし優しい気持ちがあれば、


やろうとしてできない人がいたらとがめず手伝うことになりますし、


また、できない事情がある人にはさほど求めないことになるのではないでしょうか。



◆冷静に考えると、


「できるのにやらない」もしくは「実際にはやれない」という人を


一人分として見ていること自体が間違いなのです。



「相手がどんな状況であろうとすべてを受け入れる」と思えないならば、


その人ができることは何かを見定め、


何ができるかを確認し、


それを実行可能にするように仕向けなければならないのです。



感情で物事を処理せず、論理的に考え、行動することが大切です。



        オグ・マンディーノ 著

           → あなたに成功をもたらす人生の選択



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:49:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1400】〔今、リストラされたらどうしますか〕 | ホーム | 【気づき1398】〔逆風に負けない自分になる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3133-d7ff9423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |