【気づき1425】〔時間どろぼうに気をつけろ〕
2016 / 01 / 11 ( Mon )





◆時間とは不思議なもので、


どんな立場の人であろうと平等に与えられるものです。



朝起きたら「財布にはまっさらな24時間がぎっしりと詰まっている」のです。



しかも、時間というものは、


人から取り上げることもできないし盗むこともできないのです。



◆しかし、この時間の特性に気づかないばっかりに、


人に対してひどいことをしていたり、


またはひどいことをされていることもあるのです。



時間を盗むことはできないのですが、


人の時間を自分の物のように使い、


結果的に人の時間を盗んでいるようなこともあるのは事実です。



◆自分でできることを人に任せようとする人がいます。



たとえば、一般的な上役という人の中には、


仕事の上で業務を遂行するために部下に指示を出すことができるとはいえ、


業務でないことを部下にやらせていることも多いのではないでしょうか。



そこに部下が反発する原因があるのは至極当然のことです。



◆上司と部下の関係を考える際に、


この時間という概念を意識してみることは重要なのではないでしょうか。



考えの相違がもとでうまくいかないということがあるのもこの世の常ですが、


時間に対する認識の違いが原因で行き違いが起こる可能性があるということは、


いまさらながらですが分析をする一つの切り口になるのではないでしょうか。



◆たとえ、時間のことを意識していない人であっても、


自分の時間をかすめ取ろうとする時間どろぼうのことは


知らず知らずのうちに察知するものだと思います。



        アーノルド・ベネット 著

           → 自分の時間



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

14:40:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1426】〔感謝は足りているか〕 | ホーム | 【気づき1424】〔『黄色信号は、止まれ』って知ってますよね〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3159-0b7b6cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |