【気づき1430】〔変化を感じ、対応策を考えることが必要な時代〕
2016 / 01 / 16 ( Sat )





◆今と10年前は違っているのだろうと感覚的にはわかりますが、


何がどのように変わっているかを具体的に挙げることは非常にむずかしいことです。



しかし、少なくとも2008年のリーマンショック以降、


世界全体の枠組みが変わってきていることは間違いのないことです。



◆結果的に、経済状況が大きく変わりました。



それが政治状況に変化をもたらすことはある意味自然なことです。



しかも、それが文化にも影響が出ることも自然な流れなのだと思います。



そこでのキーワードのひとつは「変化」です。



経済状況が変わると、


たとえば景気→雇用→消費→犯罪→教育のように影響が波及します。



◆先日、社会人になって5~7年の人たちの集まりに参加してきました。



医療や福祉の分野に努める公務員や


病院のソーシャルワーカーの比率が高い集まりでしたが、


「家族の関わり方が違ってきている」


「対応する役所の中も違ってきている」


「そんななかで、事情を把握する専門家が育っていないから

疲弊する職員が増加している(うつ病、休職)」


という意見が複数でてきました。



◆医療福祉の分野にかかわらず、


いろんな分野においても変化は起こるはずです。



文献や世間で言われるようになるためには時間が必要なので、


待っていては手遅れになります。



実情を早めにキャッチするには、


やはり現場にいる人の感覚を直に聞くことが必要ではないでしょうか。



◆そこから得る情報をもとにして、


これから起こることを予測し、


または起こっていることから一般論的法則を抽出することが、


身を守る、あるいは組織を守ることにつながるのではないでしょうか。



        アーノルド・ベネット 著

           → 自分の時間



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:28:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1431】〔つまらない上司を題材にして成長する〕 | ホーム | 【気づき1429】〔やるべきことを常に最適化する〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3164-76877489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |