【気づき1437】〔覚悟の決め方〕
2016 / 01 / 23 ( Sat )





◆覚悟を決めるためには、


悩む→時間が経つ→考えがまとまる→気持ちが吹っ切れる、


というプロセスに中で確立していくと思います。



ただし、そのプロセスにかかる時間は人により違いがあるものでしょう。



◆しかし、吹っ切れるまでの時間が長すぎると


つらいさが長らく続くことになりますし、第一効率が悪いです。



やるべきことがある、やりたいことがあるのであれば


あるところで切り上げて、目の前のことに集中したいところです。



◆先人も歴史上のあらゆる場面で、


私たちが考える以上の覚悟を決めて今の世の先駆けを作り上げてくれました。



その知恵を拝借して自分の考えをまとめさせてもらい、


その結果早めに次の行動に出ることができることになると思います。



◆以下は、吉田松陰の言葉です。



◆「逆境に礼を言う」  
  鉄は何度も熱い火の中に入れられて何度もたたかれて強くなります。人生もよく似ている。  

「不安のない生き方」
   先行きの不安に心を奪われないようにするためには全力を出し切るのです。

あとは天命におまかせする、という心構えでいるのが良い。

「なんでもやってみる」  
 できないのではなくて、やっていないだけです。

怖い、めんどう、不安という感情は、過去の偏った経験が作り出す錯覚です。

実際にやってみれば、意外とうまくいくことが多いものです。



◆ふだんの生活の中で人知れず覚悟を決めることはあると思います。



身に起こったそのような場面で先人の言葉に触れると、


心に沁みてきます。



        アーノルド・ベネット 著

           → 自分の時間



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:21:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1438】〔自分の世界を広げるチャンスはどこにあるか〕 | ホーム | 【気づき1436】〔ピンチをチャンスを変えるために必要なこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3171-8e0877db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |