【気づき1445】〔心の姿勢の切り換え、それは柔軟ということ〕
2016 / 01 / 31 ( Sun )





◆前向きであるということは誠にいいことです。



取り組みが積極的,建設的であるのですから理想的な姿勢です。



しかし、状況が急激に変化した際の混乱期などには、


前向きか否かというよりも、


腰をすえて物事に1つ1つ取り組める心理を維持することが


一番求められることになります。



◆もちろんその際にも自然に前向きであればよりすばらしいことなのですが、


違った次元の感じ方や心の姿勢に切り換えられる能力がより展望を開くこともあるのです。



もし、前向きでなければならないと思い直すことによりかえって肩に力が入り、


自然体でいられなくなることもあります。



◆どういうスタンスで生きるかは、当然自分で決めていくものです。



他者の考えを学んだり、自分の考えを熟成させていくことにより、


さらにいいものにしていくことができます。



どうしても譲れない、変えられないところを維持しつつも、


一部修正したり、付け加えたり、


場合により使い分けることができるようになるのも


人間の幅の広がりということができるでしょう。



◆自分の心に多様なスタンスを準備することは、


複雑なこの世の中をわたっていく上で有用です。



柔軟性がある人というのは、殊、生きるという面では、


「どのような場面でもしっかりと立ち続け、


世の中のために充分機能すること」


と言えるのではないでしょうか。



        吉田 松陰 著

           → 覚悟の磨き方



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:17:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1446】〔心の安定を維持するワザ〕 | ホーム | 【気づき1430】〔事態悪化を阻止する方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3179-73e743bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |