【気づき1451】〔人生を全うするとはどういうことか〕
2016 / 02 / 06 ( Sat )





◆境遇とは、今現に生活している、


生活環境、家庭環境、経済環境、人間関係などの総称です。



これは長い時間の経過のなかで、徐々に形づくられるものです。



一言というと、これは流れというもいうべきもので、


自分の生き様の蓄積と言い換えることもできます。



◆したがって、自分の境遇を自らかえるということは、


その流れを変えるということになります。



ことによれば一から出直すということになるのですから、


境遇を変える決断をする前には覚悟必要です。



そういう意味では、転職などの際にも慎重に考えるべきであると思います。



◆プロ野球選手が覚せい剤所持、その使用の容疑で逮捕されました。



彼と同じ高校を卒業した先輩として、


一般の方々より少し身に迫った事件として事を深刻に受け止めています。



結果的に、彼はすべての境遇を打ち捨て、


すべて一からやり直さなければならない状況を迎えました。



まさしくゼロからのスタートです。



◆いま思うに、何歳になったとしても、どういうことをしてきたとしても、


少なくともそれまでに積み重ねてきたことはあるはずです。



その積み重ねを卑下することなく、またひけらかすことなく、


日々新たな気持ちでまじめに生きることが幸せの第一歩であると感じます。



◆そういう当たり前のことを当たり前に感じ、


そしてかみしめて生きていくことができることが


人生を全うする一つの在り方であるということを痛切に感じます。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習


        吉田 松陰 著

           → 覚悟の磨き方



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:40:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1452】〔すべてを水の泡にしないために〕 | ホーム | 【気づき1450】〔覚悟を決めるときにやるべきこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3185-f7662c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |