【気づき1465】〔派遣社員と正社員の壁〕
2016 / 02 / 20 ( Sat )





◆派遣社員が正社員にしてなれないというエピソードを


いまだによく耳にします。



個人の能力よりも企業の収益維持のほうに


重きが置かれているという現実が立ちはだかっているのでしょう。



◆そういう世の中でも、


不思議に正社員ではなく派遣社員を選択する人も少数ですがいるようです。



業種により違いますが、時給は1330~1400円で、残業も断りやすいし、


なんといっても管理責任がほぼ免除されているのです。



家の事情や自分の時間を大切にしたい場合、


都合が良いという考えもあるのでしょう。



◆しかし、問題は正社員になりたいのになれないことです。



社会情勢によってではなく、


個人の問題でそれが実現しないのであれば


その理由は何かを知らないと先はありません。



◆一番先に考えなければならないのは、


責任を抱えることについてだと思います。



つまり、どこまで自分で抱えるか、どこまで抱えられるかという課題です。



派遣社員という立場であれば、金銭を扱わない、個人情報には関わらない、


やることは管理者が指示してくれるという状況も起こり得ます。



しかし、現実に、正社員でそういうプレッシャーがない人はほぼいないでしょう。



だからこそ、派遣真という環境に長くいて、


果たして社会の荒波を乗り越えることができるのかどうかを自問する必要があるのです。



◆この課題は、もし正社員になれたとしてもすぐに乗り換えられるとは限りません。



正社員になるのなら、自分を客観的に見て意識を変える必要があることを自覚し、


それを克服するためのある期間が必要であると考えたほうがよいのです。



◆派遣社員での段階からそういう視点を持ち、


上司とも意見交換ができるようなスタンスであるならば望みはあります。



そのような姿勢で経験を積み重ねていくと自分をうまく活用できるし、


結果的に身を守ることにもつながると思うのです。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習


        吉田 松陰 著

           → 覚悟の磨き方



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:35:57 | 生き方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1466】〔退職希望者の意見を真摯に受け止める〕 | ホーム | 【気づき1464】〔自分はどういう人かを周りに伝える〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3199-9c8da395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |