【気づき1475】〔人はどんな人と一緒にいたいか〕
2016 / 03 / 01 ( Tue )





◆人はどんな人と一緒にいたいと思うのでしょうか。



笑顔の有無とか、口調とか、見た目は当然影響することでしょう。



快,不快でいうと、快を求めることは自然であると思われます。



◆しかし、それらに優るとも劣らない要素は、考え方、感じ方ではないでしょうか。



一般的に、人は自分がすることは標準的、常識的と思いがちです。



それを基準としてお互いが周りを見るので、


受け取り方の違いが生じるわけです。



そういう状況でも、


人の考え方,感じ方に対する評価をわたしたちはしているものです。



◆人は周りから嫌われたくはないものです。



しかし、人に好かれるように注意して生きていくのも息が詰まります。



つらくならない程度にバランスを取らなくてはなりません。



◆それを実現するには、


自分とはどういう生き方をするかと言うことを自分で確認して、


しかもぶれないことが大切だと思います。



その軸がぶれ過ぎると自分でもきついですし、人からも信用されません。



◆年を重ねるごとに、自分の方針として固めることが必要です。



それは放っておいて自然にできあがるものではなく、


覚悟を決める瞬間が必要だと思います。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

18:59:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1476】〔自分のお金の使い方を把握していますか〕 | ホーム | 【気づき1474】〔地に足がついた生き方について考える〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3209-4e8cba87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |