【気づき1481】〔秘密は守られにくい〕
2016 / 03 / 07 ( Mon )





◆「ここだけの話だけど」という前置きで伝えられることは、


必ずと言っていいほど「ここだけの話」になっていないようです。



それがたとえ仕事の上での話であってでさえそういう状況です。



◆「ここだけの話」というものには、特別な魅力があるのでしょうか。



一番先に聞いた人は、どうしても誰かに話したくなるのでしょうか。



それとも、秘密を自分一人に留めておく受圧に耐えきれなくなるのでしょうか。



◆どうしても秘密にしなければならないことが起こったら、


一番最良の策は誰にも言わないことです。



人に伝えると、どこからか漏れ出します。



しかし、複数で情報を共有しなければならないときは、


言う相手を最小限に抑え、


しかも伝える内容を最低限度にとどめることが求められます。



◆「ここだけの話」には魔力があります。



誰にどこまで伝えるかは吟味しなければなりません。



逆に、情報を小出しにしたいと考えるのなら、


それを可能にする人選もあることを意識すべきです。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:38:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1482】〔考え事をしない時間がありますか〕 | ホーム | 【気づき1480】〔すれ違いの原因〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3215-28fcbc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |