【気づき1482】〔考え事をしない時間がありますか〕
2016 / 03 / 08 ( Tue )





◆一日のうちで、頭を使って考えている時間がかなり長いことは、


自分の過ごし方をふりかえるとよくわかります。



では、逆に「考えない」時間はどれくらいあるのでしょうか。



また、「考えない」と決めて、すぐに切り換えることができるでしょうか。



◆禅の世界では、たとえば、いま呼吸をしていることだけを感じる状態にあると、


心は平穏を迎えるというとらえ方をします。



そして、この状態を意識的に迎えることができるためには訓練が必要なのです。



もし、この目に見えない心の技術を習得できたら、


生きていくうえで大きなプラスとなるのではないでしょうか。



◆自律神経の安定をはかるため、


リラックスしてゆっくりと呼吸をするという方法もあります。



ゆっくりと呼吸をし、自分の体の部位(たとえば右手、左手)に意識を集中させ、


その部位の体温を感じとる練習をすると自律神経の安定につながるのです。



夜、寝る前に布団のなかでもできるので試す価値はあると思います。



◆私たちのふだんの生活は、あわただしいです。



頭を使っていない時間はないように思います。



また、体を動かしながらも、いつも何かを考えごとをしています。



しかし、それがふつうのことでしょうか。



実は、そのような状態でいるからこそ


目の前のことを片づける効率が悪くなっているというのです。



◆流れが速くしかも複雑な今の世こそ、


坐禅などの心を落ち着かせる技術が身を守り、


人生を豊かにしてくれるものだと感じます。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1483】〔いざという時集中力を発揮する方法〕 | ホーム | 【気づき1481】〔秘密は守られにくい〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3216-caa61be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |