【気づき1495】〔過去の自分を題材にして、己を磨く〕
2016 / 03 / 21 ( Mon )





◆同じテーマに対する自分の考えが、


数年経っても同じなのかそれとも変化しているのかは、


文字で記録していないと確認できません。



自分の考えは変わっていないと思っていても、


意識の中で徐々に変化していくプロセスをすべて記憶しておくことはできないものです。



◆私は毎日ブログを更新することを決めて、


本を読むときに思い浮かぶテーマについてこの8年数か月、


文章を記してきました。



読み返してみると、


いまと同じ考えであるところと変化しているところがはっきりとわかります。



また、考えたこと自体忘れていることもあります。



それを思い起こす努力が必要です。



◆アファメーションという、自分を自分の思うような状況に導く手法があります。



「今日は素晴らしい一日になるぞ」

「私の未来はどんどん開けていく」

「今が一番幸せ」

ということなどを都度声に出して言い、


自分に対して意識づけする手法です。



◆たとえば、「なりたい自分」を文字にしておき、時々それを見返すのです。



かつて「自分が~~できるようになりたい」と


思っていたこと自体忘れ去っていることもあるので、


それを再認識することができるのです。



せっかく考えて文字にまでしているものがあるのなら、


そのエッセンスを数行にまとめて手帳に書き留めて、


それを時々見直さない手はないと思います。



◆一度考えたことは自分の肥やしになっていることは間違いありません。



しかし、忘れないために、またより考えを磨くために


過去の自分の思いを再確認する作業を続けられたら


自分は変わっていけると思います。



このブログのテーマは過去のブログからもらいました。



この8年は次の数年を豊かにしてくれる時間となったことを実感します。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:12:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1496】〔『うっかり』ミスは、なくせるか〕 | ホーム | 【気づき1494】〔ごみ拾いで、『気づいたら即実践』を訓練する〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3229-61ec2f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |