【気づき1498】〔『私だけは大丈夫』は禁物〕
2016 / 03 / 24 ( Thu )





◆健康に恵まれ、体力もそこそこあり、


多少の無理をしても平気であることは幸運なことです。



しかし、これまでそうであったとしても、今後も続くとは言えないのです。



年を重ねていくと、それはますます確実ではなくなっていくものです。



◆「大丈夫」という判断は、これまでの実績をもとにしています。



加齢は自分では経験したことのない未知の世界に


踏み込み続けることであるのですから、


過去の実績は根本的に信頼できないデータであるのです。



自信があり、自分だけは大丈夫というのはもはや幻想なのです。



◆体や心の調子がいったん悪くなると、


元の調子に戻るには時間がかかります。



負荷が継続してかかり、


調子が回復しきれないことが長きにわたり続くと、


弱いところに負担がかかり、調子全体が崩れていくものです。



そうなるとそれは時間をかけて損なわれたので、


それに要した時間もしくはそれ以上の時間をかけないと


元の状態に戻りきれないことが生身のからだには起こり得ます。



◆慎重になりすぎるのはつまらない人生です。



しかし、あまりにも無防備なために体や心の調子を崩してしまうと、


加齢とともに回復が遅れるのだから、


つまらないと思う時間を増やしてしまうことにつながるのです。



負荷がかかっていると思ったら、


自分で必要と思う以上にゆっくりする時間を自分で用意してはどうでしょうか。



◆若ければ若いほど実行しにくいことかもしれませんが、


いくら充足感があっても、


無理がかかっていると感じるときは、


あるタイミングで自分をいやす時間を必ずとることが、


自分の体と長くしかもうまくつき合っていく秘訣です。



「後悔、先に立たず」です。



        小池 龍之介 著

           → 考えない練習



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:10:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1499】〔縁は異なもの味なもの〕 | ホーム | 【気づき1497】〔事務仕事の無駄を根本から省く〕 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3232-3d85d527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |