【気づく1508】〔『人を動かす』ための要素〕
2016 / 04 / 03 ( Sun )





◆あなたは、


「職場での自分の役割ってなんだろう」ということを考えてみたことはありますか。


「役割をきちんとこなせているか」「チームとして同僚と協力する姿勢でいるか」


「『この分野では人に負けない』ということをもっているか」


「周りからどのように受け取られているのだろうか」



◆また組織のなかで役職をもらうと、違った質問にかわってきます。



「部下がどういう仕事をしているのかを把握しているか」


「チームをまとめているか」


というような、


任されたチームの役割について考えることになります。



◆部下の人数にかかわらず上司という立場になると、


「人を動かす」ということが仕事のひとつになります。



動かすといっても肝心なのは、


部下のモチベーションをいかにあげるかという課題です。



ただ、その達成のためには、


上司に対する部下の思い方が大きく影響してくるのが現状です。



◆自分のやるべき仕事を部下に流してばかりいる上司のことを見て、


部下にやる気が起きるでしょうか。



部下が困っているときに何の手出しをせず見殺しにする上司と、


信頼関係はできるのでしょうか。



◆仕事は上司のためにするものではありません。



しかし、上司の人柄、能力など広い範囲の要素が、


実際には部下の仕事に影響を与えているのです。



努力をしていない上司の言うことを部下は聞き入れるでしょうか。



自分を変えようとしていない上司を見て、


「自分もかわろう」と部下が思うでしょうか。



◆命令だけでは人は動きません。



理想を言えば、


自分のために部下が自然と動きたくなるような上司になること、


また、うわべだけでない人間としての魅力をみにつけることが必要なのです。



        永松 茂久 著

           → 斎藤一人の人を動かす



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:24:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1509】〔自分の魂を実践する時代が到来〕 | ホーム | 【気づき1507】〔ひとりよがりな責任感が人を遠ざける〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3242-a2736898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |